2008年04月15日

その他の医療用睡眠薬

その他の医療用睡眠薬

その他の医療用睡眠薬とは、ベンゾジアゼピン系、パルビツール系とは異なった作用を持つ催眠鎮静薬です。


※コラム※
不眠症になる原因
不眠症になる原因はとても身近な所にあるものです。
眠れないのが普通だと思っている人もいるかもしれませんが、
不眠症というのはひとつの病気になります。
眠れないことからいろいろと生活や仕事に支障をきたすこともあるのです。
眠れないことを安易に考えるのではなく、
不眠症になってしまった原因をつきとめましょう。
何気ないことでストレスになっていませんか?
どの基準で自分が不眠症なのかを決めるのは判断に困ってしまうところですが、
寝付けない状態が何時間も続いていることや、
朝まで続けて眠ることが出来ないなど症状は様々です。
変な夢を見てしまって目が覚めることが多くなってしまっている場合には、
精神的に疲れているとも言えます。
原因を知ることは怖いことかもしれませんが、
大きな病気になってしまう前に自分の異変に気が付いてあげましょう。
原因がわかり取り除くことが出来れば問題は無いのですが、
なかなか環境を変えることが出来ないこともあります。

その他の医療用睡眠薬 サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 16:31| その他の医療用睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルビツール酸系睡眠薬

バルビツール酸系睡眠薬

脳幹性睡眠薬として強力に脳幹の自律神経中枢を鎮静し、血管拡張、平滑筋弛緩作用を示し、脳の運動中枢も鎮静する作用があります。

中枢神経系全体を抑制しますが、特に脳幹部の自律神経の中枢を抑制し、多量に使用すると呼吸停止を起こします。

抗不安、抗痙攣、不眠症の治療などに用いられましたが、習慣性もあり、服用量も増え、多量に服用した場合、呼吸停止を起こす危険性もあるため、使用頻度が少なくなってきています。

■服用上の注意

習慣性があるので連用は避ます。

自動車の運転などの危険を伴う作業は控えて下さい。

また、連続服用中、本剤の急激な減量や中止により、てんかん重積状態が現れることがあります。

※コラム※
不眠症になる人は多い
不眠症になる人は多い現代です。
ストレス社会とも言われるほどですから、
みんなが何かしらのストレスを感じて生活をしています。
知らず知らずのうちに我慢することを覚えてしまって、
眠れないということになっている人もいることでしょう。
上手に、ストレス発散をすることができればいいですが、
その発散方法がわからないということもあります。
不眠症になる人は男女に関係なく多いものです。
10人に1人は、眠れないという自覚があるほどですから、
健康のことを考えて眠るということを真剣に考えてあげましょう。

バルビツール酸系睡眠薬 サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 16:05| バルビツール酸系睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベンゾジアゼピン系睡眠薬

ベンゾジアゼピン系睡眠薬

世界中で高齢者の不眠症に対して、ベンゾジアゼピン系の入眠薬、抗不安薬はかなり多量に処方されていますが、副作用も習慣性も少なく、連用しても認知症になることもありません。

ベンゾジアゼピン系薬剤は情動と関係する大脳辺縁系に分布する受容体に結合して作用し、大脳前頭葉、視床下部、脳幹網様体などにはあまり作用しないので意識や高次脳機能への影響が少なく、薬物依存性も弱いのです。

また、呼吸中枢がある脳幹にも作用しないため、多量に服用しても死亡する危険性が少ない薬です。

50歳代、60歳代迄の人が連用することは勧められませんが、70歳以上になれば毎日服用しても大丈夫です。

しかし、薬剤ですから、年に2回程度、副作用チェックの意味もあり、血液検査などを定期的に受けて下さい。

薬剤の種類によって生物学的半減期をもとに長・中・短の持続時間に分けることが出来ます。

血中濃度半減期というのは、その薬剤が最高の血中濃度から、肝臓や腎臓で代謝・排泄されて半分の血中濃度まで減少するまでの時間をいいます。

代謝・排泄が早い薬は半減期が短く、そうでない薬は半減期が長くなります。

半減期の短いものは4時間未満のもので、睡眠前半に充分な血中濃度が得られて入眠に優れた効果があります。

朝の目覚めが爽快で、翌朝に眠気が残らない利点がありますが、薬剤の依存性が起こりやすいという欠点もあります。

旅行などで眠れないような一過性の不眠、軽い不眠症や、代謝・排泄機能が低下しこいる高齢者に向いているといえるでしょう。

半減期が長い入眠剤は50〜100時間のもので、数夜よく眠れ、急に服用を中止しても不眠・不安が起こらないという利点があります。

但し、日中に眠気が残り、舌のもつれ、歩行障害、倦怠感が起こりやすいという欠点があります。

中間の半減期の入眠剤は20時間前後のもので、7〜8時間という生理的睡眠時間に合わせたもので、一時的な不眠や、慢性の不眠症にも適しています。

中途覚醒や早朝覚醒で悩んでいる不眠に適しています。

しかし、翌朝まだある程度の血中濃度が残づているので、ふらふら感、眠気などが残ることがあります。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬 サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 00:00| ベンゾジアゼピン系睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

睡眠薬について

【睡眠薬について】

睡眠は睡眠中枢、覚醒中枢の働きやメラトニンなどの作用により維持されており、自然の体内時計はおよそ25時間周期で調節されています。
睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠に分けられ、レム睡眠は夢を見る睡眠として有名ですが、睡眠中に記憶を固定化させる作用のほかに、自律神経と身体が休息をとります。
ノンレム睡眠は大脳の休息で、入眠直後から始まります。
睡眠障害は、寝付きが悪い入眠障害、途中で目が覚めてその後眠れない中途覚醒、朝早く目が覚めてしまう早朝覚醒などに分けられます。
それぞれの睡眠障害の形によって入眠剤を使い分けます。
また、睡眠薬の作用時間、血中濃度半減期なども考慮します。
頭と身体を使うと睡眠物質が溜まり、眠気が訪れてきます。
老年期になると大脳も身体も使わなくなるため、心も体も若かったときのように睡眠を必要としなくなるのです。
老年期では睡眠の質が悪くなって当たり前なので、気にならない人はその状態を維持し、気になる人は睡眠導入剤を服用するようにします。
本を読んだりして頭を使うことと、適度な運動をすることが不眠症対策の原点です。
毎日同じ事を繰り返していて、夜眠れなかったからといって、昼寝や居眠りをしていると夜眠れないのは当たり前のことです。
心当るのある人は、生活習慣を規則正しくするように努力して下さい。
(出典:大活字2008年版薬の事典)

睡眠薬考:睡眠薬を飲まないで不眠が解消されることが一番です。

睡眠薬を飲む前に!
ラベル:睡眠薬
posted by あんみん at 00:00| 睡眠薬を飲む前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

抱水クロラール

抱水クロラール(その他の医療用睡眠薬)

■製品名 抱水クロラール

※詳細情報収集中

※コラム※
睡眠薬の気になるQ&A
Q:睡眠薬にはどんな副作用がありますか?
A:ベンゾジアゼピン系の睡眠薬には次のような副作用があります。
持ち越し効果 睡眠薬の作用が翌朝以降も持続してしまう現象。午前中の眠気、ふらつき、脱力、頭重感、倦怠感などを伴うことがあります。
記憶障害 医師の注意を守らずに睡眠薬を多量に飲んだり、アルコールを併用したりすると、軽い記憶障害がみられることがあります。ただし、睡眠薬が体から排泄されたあとは、記憶は正常に戻ります。
筋弛緩作用 睡眠薬には、多かれ少なかれ筋肉を弛緩させる作用があります。高齢者ほどこの作用が強く影響するため注意が必要です。
立ち上がったときに力が入らず、転んで骨折してしまうこともあるので注意が必要です。最近は筋弛緩作用の少ない薬剤も開発されています。
奇異反応 ベンゾジアゼピン系のお薬では、ごく稀ですが、上機嫌で抑制を欠いた行動をとったりする奇異反応がみられることがあります。
最近では、これらの副作用をより軽減し、自然な睡眠を誘発する睡眠薬として非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬が開発されています。
上記のような副作用が思い当たる場合は遠慮なく医師に相談しましょう。
不眠の改善状態や副作用の症状に応じて、薬の量や種類の変更を検討してもらうことができます。

抱水クロラール サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 16:46| その他の医療用睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブロムワレリル尿素

ブロムワレリル尿素(その他の医療用睡眠薬)

■製品名 ブロパリン ブロムワレリル尿素

習慣性が強いため、最近はあまり処方されなくなっています。

■効能効果
不眠症、不安緊張状態の鎮静。

■注意すべき副作用
連用で薬物依存症。

■その他の副作用
依存性、発疹、掻痒感、悪心、嘔吐、下痢、頭痛、めまい、知覚異常、難聴、興奮。


※コラム※
睡眠薬の安全性
今、処方される睡眠薬はとても安全性に優れています。
睡眠薬を飲んでいるというとどこか偏見のようなものがありました。
確かに薬ですから、身体に良いわけがありませんが、
間違って大量に飲んでしまっても大丈夫なように配慮されていますし、
病院などでは、処方される日数の制限がありますから、
指示に従って服用するようにしましょう。
睡眠薬は、安全性が高くなっているとは言っても
自分で正確な判断が出来なくなってしまっている場合、
うつ病なども一緒になっていると、
眠れないことが悪いことだと本人が思う傾向にあります。
そのような場合には家族の協力が必要になってきます。

ブロムワレリル尿素 サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 16:44| その他の医療用睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブロチゾラム

ブロチゾラム(その他の医療用睡眠薬)

■製品名 アムネゾン グッドミン シンベラミン ゼストロミン ソレントミン ネストローム ノクスタール ブロゾーム ブロチゾラム ブロチロザムM ブロチロザン ブロメトン ユリモラン レドルパー レンデム レンドルミンD ロンフルマン

早い催眠作用があり、生理催眠に近い睡眠が期待できす。睡眠効果は7〜8時間で消失します。

短時間型の入眠剤であるため、覚醒後に眠気が残ることが少なく、集中力・注意力・反射運動能力低下なども少ないという特徴があります。

■服用上の注意
肝機能障害、黄疸があらわれた場合は、服用を中止して主治医に連絡して適切な処置を受けて下さい。

■服用してはいけない人
急性狭隅角緑内障、重症筋無力症。

■原則服用してはいけない人
肺性心、肺気腫、気管支喘息及び脳血管障害の急性期などで呼吸機能が高度に低下している人。

■注意すべき副作用
肝機能障害、黄疸。

■その他の副作用
依存性、呼吸抑制、尿失禁、下痢、だるさ、倦怠感。肝機能異常、嘔気、嘔吐、食欲不振、発疹。中途覚醒時の出来事を記憶していないことがあります。

※コラム※
睡眠薬の気になるQ&A
Q:睡眠薬はやめられなくなりませんか?
A:かつて使用されていたバルビツーツ酸系の睡眠薬には、「依存性が強くてなかなかやめられなくなる」といった問題点がありました。
しかし、現在使用されているベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系のお薬は、長期間続けて飲み続けても、飲まないといられなくなるような習慣性はなく、安全に使用できます。
もちろん、いくら安全といっても、薬である以上、勝手にやめたり量を多く飲んだりすることは禁物です。
あくまでも、医師の指示にしたがって服用しましょう。

ブロチゾラム サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 16:42| その他の医療用睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッシフローラエキス

パッシフローラエキス(その他の医療用睡眠薬)

■製品名 パシフラミン

チャボトケイソウから作られた、植物性の薬です。

作用は穏やかで睡眠覚醒リズムを正常化する作用があります。

※コラム※
不眠症に効く薬
不眠症に効く薬は、専門の医師の診断の基に服用するようにしましょう。
薬には、ハルシオン、アモバン、レンドルミン、マイスリー、
ロスプノールなど何種類かの不眠症に効く薬があります。
持続性のある薬と、短い時間だけ作用が出るものがあります。
市販されている薬とはまた効果が違いますから、
処方された量を決まった時間に飲むことが大切です。
薬には多少の副作用もあります。
朝、目覚めた際に足元がふらついたりすることがありますので、注意が必要です。
また、注意しなければいけない大きなポイントは、
不眠症に効く薬を処方された場合には、自己判断で薬をやめないことです。
だんだんと量を減らして、最終的には不眠症に効く薬の服用をやめるようになります。
ここで、自己判断でやめてしまうと、イライラしたり不安感や
震えなどの症状が出る場合があります。
睡眠薬だけにいえたことではありませんが、薬を服用する際には、
医師の判断にゆだねるようにしましょう。

パッシフローラエキス サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 16:40| その他の医療用睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トリクロホスナトリウム

トリクロホスナトリウム(その他の医療用睡眠薬)

■製品名 トリクロリール

■効能効果

不眠症、脳波・心電図検査などでの睡眠

■注意すべき副作用

依存性、ショック、アナフィラキシー様症状。


※コラム※
不眠症で悩まずに病院に行こう
不眠症で一人で悩まずに病院に行くようにしてください。
眠れないことは恥ずかしいことではありませんし、
先生もきちんと判断をしてくれます。
今は、インターネットでどんなことでも調べることが出来ますから、
間違った情報を鵜呑みにしてしまうこともあります。
自分の身体が異常のサインを出していると思えば、
不眠症で悩まずに病院で治療することが可能なのです。
精神的に疲れているとどうしても眠れなくなるものです。
眠れないことが恐怖になってきてしまっては遅いのですね。
年齢による不眠かもしれませんし、仕事や家事からくるストレスが
原因かもしれません。産後でも不眠症で悩まされることがあります。
眠るという自然に起こる現象を体が受け付けない時点で
病院に行き適切な処置を受けるべきでしょう。
神経的に病んでしまうと不眠症で悩んでに病院に行ってしまったことや
薬を飲むことに対して罪悪感を感じてしまうことがあります。
そうなる前に、自分の身体のSOSに気が付いてあげましょう。

トリクロホスナトリウム サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 16:38| その他の医療用睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゾピクロン

ゾピクロン(その他の医療用睡眠薬)

■製品名 アモバン アモバンテス アントマイリン スローハイム ゾピクール ゾピバン ドパリール メトローム

不眠症患者に見られる乱れた睡眠パターンを改善し、自然な睡眠を快復させます。

脳波所見では、大脳の休息を示す徐波睡眠を増加させる効果が見られますが、レム睡眠には影響が少ないという特徴があります。

健康成人の血中濃度半減期約3.7時間、最高血中濃度服用後約1.2時間です。

血中濃度半減期が短いため、爽やかに目覚めることができます。

■服用上の注意

眠気、注意力、集中力、反射運動能力などの低下が起こることがあるので、自動車の運転などの危険な作業は避けてください。

■服用してはいけない人

本剤の成分に対し過敏症の既往歴、重症筋無力症、急性狭隅角緑内障の人。

■原則として服用してはいけない人

肺性心、肺気腫、気管支喘息及び脳血管障害の急性期で呼吸機能が高度に低下している場合。

■慎重に服用する人

衰弱している人。高齢者、心障害、肝機能障害、腎機能障害、脳に器質的障害のある人。

■注意すべき副作用

依存性服用の中止で幻覚、せん妄、悪夢、異常行動などの精神症状。アナフィラキシー様症状。

■その他の副作用

口内の苦味、ふらつき、眠気、頭痛、不快感、めまい、肝機能異常、貧血、白血球減少、口渇、吐き気、倦怠感、食欲不振、胃部不快感、発疹。

ゾピクロン サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 16:36| その他の医療用睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする