2009年04月27日

睡眠薬ハルシオン

睡眠薬ハルシオン

眠れないのは辛いです。

そこで、睡眠薬を使いたいという人も多いと思います。

病院では不眠症の症状のタイプによって、その人に合った睡眠薬が処方されます。

ハルシオンは、睡眠導入剤です。

ハルシオンという睡眠導入剤は、服用した後に、
朦朧としてしまったり、寝るまで、あるいは途中で目が覚めたときの
記憶を忘れてしまう事などの副作用が出ることがあります。

医師の指示にしたがって、医師の処方どおりにきちんと飲む事が大切ですが、
副作用が出たときもすぐに相談しましょう。

また、ハルシオンは他にも重大な副作用が出ることがあります。

長い間のみ続けると、薬物依存を生じる事がありますし、
自分の判断で飲む事を辞めてしまったりすると、痙攣発作やせん妄、
幻覚などの離脱症状が現れたりします。

また、呼吸抑制が現れたり、精神が興奮したり錯乱、
攻撃性になってしまうなどの症状が現れることもあります。

このように重篤な副作用が出ることがある睡眠薬ハルシオンは、
医師の処方無しでは手に入れることができません。

薬局(ドラッグストア)やインターネットで購入する事もできません。

仮に、インターネットなどで購入できるようなサイトがあったとしても、
手をだしてはいけないものです。

また、自分に処方されたものを人に譲る事もしてはいけないことになっています。

そして、睡眠薬ハルシオンは、飲んではいけない人もいます。

例えば、妊娠中の人や子供、他に持病があり薬を飲んでいる人も要注意です。

睡眠薬ハルシオンを服用する際は、医師の指示にしたがい、
適切に服用するようにしましょう。

睡眠薬ハルシオン サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 11:57| 睡眠薬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

睡眠薬の強さ

睡眠薬の強さ

睡眠薬の強さは気になるところです。

特に長い間のみ続けると、薬物依存になってしまうような薬もあるので、
気になります。

ですが、病院で医師による処方を受けて飲むものであれば、
それほど心配しなくても良いとおもいます。

睡眠薬を必要とする不眠症には、色々なタイプがあります。

医師の考えにもよりますが、それほど簡単に、たくさんの睡眠薬を
処方されることはありません。

その人の症状にあわせ、不眠症にタイプに合わせた睡眠薬が処方されます。

また、睡眠薬の強さは弱めに処方されたり、睡眠薬の処方は見合わせる方法で、
生活習慣の見直しや、睡眠環境の見直しなどを指導されることもあります。

不眠症の原因としては、ストレスがもっとも多いとされています。

その他、健康的に不調があったり、精神的な疾患を抱えていたりすると睡眠薬が処方されたりしますし、
場合によっては睡眠薬の強さもかなり強いものが処方されたりする事があります。

ですが、ストレスなどが原因で、何となく寝つきが悪い・・・と言う程度では、
睡眠薬を処方せず、環境の見直しなどで乗り切る事ができるよう

指導する医師も多いようです。

睡眠薬を服用したとしても、
いずれは睡眠薬を使わないで眠る事ができる様になるのがベストですし、
少しずつ計画を立てながら睡眠薬を使わない睡眠を導くように指導されます。

寝室の環境、例えば温度や湿度、騒音を見直したり、
自分で解消できるストレスについては解消していきたいものです。

ストレスについては、ストレスなく日常を送るという事は難しいですから、
好きなことをして過ごす時間を作るように努力してみるなど、
上手くストレスを解消していく方法を考えると良いかもしれません。

睡眠薬の強さ サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
ラベル:睡眠薬 強さ
posted by あんみん at 11:55| 睡眠薬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

睡眠薬の作り方

睡眠薬の作り方

睡眠薬の作り方についてお問い合わせ頂いておりますが、
睡眠薬の作り方はご紹介できません。

薬事法に違反するからです。

眠れない・・・という不眠症に悩んでいる人は多いです。

5人に1人が睡眠の悩みを持っているそうですから。

睡眠が上手く取れないと悩んでいる人は、
無理をしないで、病院に行くことが大切です。

眠りの悩みは心療内科がオススメです。

心療内科は予め予約をしておく事が必要です。

インターネットで口コミなどを見て、
家の近くや会社帰りに寄れそうな心療内科を探してみると良いでしょう。

風邪をひいた場合などは、市販の薬を服用することで、
改善されることがありますが、
睡眠薬はどのような薬を組み合わせたとしても作ることができないからです。

市販されている薬の中にも、睡眠を促す薬もありますが、
睡眠薬は医師の処方がなければ飲む事はできません。

ですから、ドラッグストアなどの薬には限界があるとも言えます。

眠れないのには、なんらかの原因があります。

例えばストレスが溜まりすぎていたり、
精神的にショックな事があったり、
或いはどこか体に不調があるのかもしれません。

自己判断で薬を服用するのでは身体に良い影響はありません。

自分で薬を作ることができるような病気もないですが、
睡眠に関しては、自分でなんとか出来るかもしれない、
病院にいくのに、抵抗があるなど、悩む形も様々です。

病院に行くことは恥ずかしいことではありませんから、
不眠症かもしれないと思った時には、
睡眠の専門の先生からのアドバイスをもらうようにしましょう。

悩みも解消されてすっきり眠ることができるようになるでしょう。

睡眠薬作り方 サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
ラベル:睡眠薬 作り方
posted by あんみん at 11:52| 睡眠薬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

睡眠薬市販

睡眠薬市販

睡眠薬は市販でも売っています。

ドラッグストアなどに行くと、あります。

ですが、睡眠薬ではなく、睡眠誘導剤です。

睡眠薬は医師の処方がなければ買うことができず、
ドラッグストアなどの睡眠薬として市販されているものは、
抗ヒスタミン剤の副作用の眠くなるものを利用した薬だそうです。

ですから、効果は薄いですし、
どのような不眠症のタイプにも効くというわけではないようです。

不眠症のタイプとは、
例えば、布団に入っても1時間以上も眠りにつくことができないというタイプや、
一旦寝入ることが出来ても途中でトイレなどで目が覚め、
その後眠れなくなってしまうタイプ、
朝、早すぎる時間に目が覚めてしまい、もっと寝たいのに、
眠れなくなってしまうタイプ、
怖い夢や緊張するような夢をみてしまい熟睡できないタイプなどです。

不眠症に使われる睡眠薬はこれらの症状のタイプに合わせて、
その症状の強度に併せて処方されます。

睡眠薬を市販で買うと、どのような症状でも薬の種類はかぎられてしまいますが、
病院で診察を受けて、医師の処方による睡眠薬であれば、
その人にぴったりな睡眠薬を飲む事が出来るという事になります。

睡眠薬(睡眠導入剤)は市販で購入することがでいますが、
深刻な不眠症の場合は、その症状に応じた薬を処方してもらうことがオススメです。

病院の睡眠薬というと、依存や致死量などの点で心配なこともあると思いますが、
危険な量、危険な飲み方を医師は指示しません。

不安であればきちんと確認し、納得した上で医師のアドバイスを受けると良いでしょう。

主な市販の睡眠薬
おやすみーなハルナー10カプセル【指定第2類医薬品】
睡眠改善薬ドリエル:12錠【指定第2類医薬品】
リボスミン12錠【第(2)類医薬品】

睡眠薬市販 サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 11:31| 市販の睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

睡眠薬の種類

睡眠薬の種類

ひと口に睡眠薬と言っても、睡眠薬には種類がたくさんあります。

睡眠薬に種類があるというよりも、
睡眠薬を必要とする不眠症の症状に色々タイプがあり、
そのタイプによって異なる種類の睡眠薬が処方されるのです。

ですから、ただ、眠れないから・・・と言って、
ドラッグストアで睡眠薬を買ってみたりしても効かない場合もありますし、
インターネットなどで自分の判断で睡眠薬を購入するのは危険です。

症状にあわせた睡眠薬が必要ですから、
専門医に相談するなど医療機関で医師が処方した
睡眠薬の種類で様子をみることをオススメします。

不眠症の症状とは、例えば旅行中だけ眠れないというような
環境が変わることで不眠症となるタイプや、
一時的に寝つきがわるいタイプ、
一度寝ても途中に何度も目が覚めてしまうタイプ、
朝早すぎる時間に目がさめてしまいそのまま眠れないとうタイプ、
布団に入ってもいつまでもねむれないというタイプなどがあります。

また、途中覚醒(途中で目が覚めてしまうタイプ)や、早朝覚醒(朝早すぎる時間に目が覚めてしまうタイプ)には、抗うつ薬といわれる薬が処方されたりします。

病院で不眠症について相談するときには、
自分の睡眠についてどのような様子なのかをきちんと説明できるようにしておくと、
診察がスムーズで
適正な睡眠薬の種類を出してもらう事ができます。

自分が寝ているときの様子を、
体がピクピクなっていないか、無呼吸になっていないかなど・・・
寝ている間の事は自分では分からないですから、
家族などに協力してもらってみてもらっておくのも良いでしょう。

睡眠薬種類 サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
ラベル:睡眠薬 種類
posted by あんみん at 11:29| 睡眠薬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

睡眠薬の致死量

睡眠薬の致死量

睡眠薬の致死量に関しては気になります。

特に、睡眠薬を長い間服用していると耐性がついてしまったり
一般的にドラッグストアなどで売っているものでは
殆ど効果が得られなかったりします。

病院などで、強力な睡眠薬を処方してもらったりすると
その強力度がどのくらいなのか、気になったりします。

病院でもらう睡眠薬でも、色々な睡眠薬があり、
その人の不眠症の症状やタイプ、症状の強度などによって
様々な薬が処方されると思います。

医師が処方した睡眠薬ですから、
医師の処方通りに飲んでいれば大丈夫です。

ただ、不安を抱えながらの服用は好ましくないですし、
万が一飲み間違えてしまったり(二度飲んでしまう)することは避けなければいけません。

ただ、1回飲むところを間違えて2回飲んだところで、
死に至ってしまうというような薬ではないと思いますが、
心配な人は確認しておくと安心です。

睡眠薬についてはうつ病の人にも処方されたり、
悩みを抱えている人にも処方されたりします。

睡眠薬に限った事ではないですが、
合計で致死量を超えてしまうような量の薬を
一度で処方することはないと思いますが確認しておくと良いです。

そして、医師の処方通りにきちんと飲む事が大切です。

勝手に辞めてしまったりすると、イライラ感や不安感が出てしまう人もいます。

睡眠薬の量を減らすときも、医師と相談しながら計画的に減らしていく事が必要です。

睡眠薬の致死量を心配するというよりも、
きちんと医師の指示通りに・・・ということを気をつけて服用しましょう。

睡眠薬致死量 サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
ラベル:睡眠薬 致死量
posted by あんみん at 11:28| 睡眠薬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

睡眠薬の通販

睡眠薬の通販

眠れないというのは大変辛いものです。

睡眠障害といわれる不眠症には薬での治療があり、
睡眠薬は通販で購入する事ができるものもあるようです。

熟睡したい、睡眠薬が欲しい、でも、病院へ行くのは煩わしい・・・と思う人にとって、
或いは仕事が忙しくて病院へ行きたいけれども、
なかなか時間が取れないという人にとって、
睡眠薬を通販で購入する事ができるということはとても便利で嬉しい事です。

ですが、ひとくちに睡眠薬と言っても、
不眠症のタイプには色々あり、
超短時間型、短時間型、中時間型、長時間型・・・というように、
睡眠薬にもそれぞれの症状にあったものが処方されます。

つまり、病院できちんと診察を受けたうえで飲むことが必要です。

睡眠薬というと、やはり勝手には服用しないほうが良いでしょう。

副作用の心配もありますし、むやみに睡眠薬を使ってしまうと、
今度は薬がないと眠れない・・・なんていう事になってしまうかもしれません。

病院で睡眠薬を出してもらったとしても、
最終的には、睡眠薬を使わないで眠れるようになることを目的として治療が行われます。

自分で勝手に飲んでしまって、睡眠薬に依存しまいすぎてもいけませんし、
副作用もネットで購入すると心配です。

薬局に行くと、不眠症の薬「ドリエル」や「グッスミン」などがあります。
処方箋なしで買うことができます。

ネットで購入する睡眠薬を使うよりは、安心です。

睡眠薬の通販は便利ですが、副作用など心配なことも多いですから用心した方が良いです。

通販で買える主な睡眠薬
おやすみーなハルナー10カプセル【指定第2類医薬品】
睡眠改善薬ドリエル:12錠【指定第2類医薬品】
リボスミン12錠【第(2)類医薬品】

睡眠薬通販 サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
ラベル:睡眠薬 通販
posted by あんみん at 11:27| 睡眠薬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

その他の医療用睡眠薬

その他の医療用睡眠薬

その他の医療用睡眠薬とは、ベンゾジアゼピン系、パルビツール系とは異なった作用を持つ催眠鎮静薬です。


※コラム※
不眠症になる原因
不眠症になる原因はとても身近な所にあるものです。
眠れないのが普通だと思っている人もいるかもしれませんが、
不眠症というのはひとつの病気になります。
眠れないことからいろいろと生活や仕事に支障をきたすこともあるのです。
眠れないことを安易に考えるのではなく、
不眠症になってしまった原因をつきとめましょう。
何気ないことでストレスになっていませんか?
どの基準で自分が不眠症なのかを決めるのは判断に困ってしまうところですが、
寝付けない状態が何時間も続いていることや、
朝まで続けて眠ることが出来ないなど症状は様々です。
変な夢を見てしまって目が覚めることが多くなってしまっている場合には、
精神的に疲れているとも言えます。
原因を知ることは怖いことかもしれませんが、
大きな病気になってしまう前に自分の異変に気が付いてあげましょう。
原因がわかり取り除くことが出来れば問題は無いのですが、
なかなか環境を変えることが出来ないこともあります。

その他の医療用睡眠薬 サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 16:31| その他の医療用睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルビツール酸系睡眠薬

バルビツール酸系睡眠薬

脳幹性睡眠薬として強力に脳幹の自律神経中枢を鎮静し、血管拡張、平滑筋弛緩作用を示し、脳の運動中枢も鎮静する作用があります。

中枢神経系全体を抑制しますが、特に脳幹部の自律神経の中枢を抑制し、多量に使用すると呼吸停止を起こします。

抗不安、抗痙攣、不眠症の治療などに用いられましたが、習慣性もあり、服用量も増え、多量に服用した場合、呼吸停止を起こす危険性もあるため、使用頻度が少なくなってきています。

■服用上の注意

習慣性があるので連用は避ます。

自動車の運転などの危険を伴う作業は控えて下さい。

また、連続服用中、本剤の急激な減量や中止により、てんかん重積状態が現れることがあります。

※コラム※
不眠症になる人は多い
不眠症になる人は多い現代です。
ストレス社会とも言われるほどですから、
みんなが何かしらのストレスを感じて生活をしています。
知らず知らずのうちに我慢することを覚えてしまって、
眠れないということになっている人もいることでしょう。
上手に、ストレス発散をすることができればいいですが、
その発散方法がわからないということもあります。
不眠症になる人は男女に関係なく多いものです。
10人に1人は、眠れないという自覚があるほどですから、
健康のことを考えて眠るということを真剣に考えてあげましょう。

バルビツール酸系睡眠薬 サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 16:05| バルビツール酸系睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベンゾジアゼピン系睡眠薬

ベンゾジアゼピン系睡眠薬

世界中で高齢者の不眠症に対して、ベンゾジアゼピン系の入眠薬、抗不安薬はかなり多量に処方されていますが、副作用も習慣性も少なく、連用しても認知症になることもありません。

ベンゾジアゼピン系薬剤は情動と関係する大脳辺縁系に分布する受容体に結合して作用し、大脳前頭葉、視床下部、脳幹網様体などにはあまり作用しないので意識や高次脳機能への影響が少なく、薬物依存性も弱いのです。

また、呼吸中枢がある脳幹にも作用しないため、多量に服用しても死亡する危険性が少ない薬です。

50歳代、60歳代迄の人が連用することは勧められませんが、70歳以上になれば毎日服用しても大丈夫です。

しかし、薬剤ですから、年に2回程度、副作用チェックの意味もあり、血液検査などを定期的に受けて下さい。

薬剤の種類によって生物学的半減期をもとに長・中・短の持続時間に分けることが出来ます。

血中濃度半減期というのは、その薬剤が最高の血中濃度から、肝臓や腎臓で代謝・排泄されて半分の血中濃度まで減少するまでの時間をいいます。

代謝・排泄が早い薬は半減期が短く、そうでない薬は半減期が長くなります。

半減期の短いものは4時間未満のもので、睡眠前半に充分な血中濃度が得られて入眠に優れた効果があります。

朝の目覚めが爽快で、翌朝に眠気が残らない利点がありますが、薬剤の依存性が起こりやすいという欠点もあります。

旅行などで眠れないような一過性の不眠、軽い不眠症や、代謝・排泄機能が低下しこいる高齢者に向いているといえるでしょう。

半減期が長い入眠剤は50〜100時間のもので、数夜よく眠れ、急に服用を中止しても不眠・不安が起こらないという利点があります。

但し、日中に眠気が残り、舌のもつれ、歩行障害、倦怠感が起こりやすいという欠点があります。

中間の半減期の入眠剤は20時間前後のもので、7〜8時間という生理的睡眠時間に合わせたもので、一時的な不眠や、慢性の不眠症にも適しています。

中途覚醒や早朝覚醒で悩んでいる不眠に適しています。

しかし、翌朝まだある程度の血中濃度が残づているので、ふらふら感、眠気などが残ることがあります。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬 サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 00:00| ベンゾジアゼピン系睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。