2015年04月08日

睡眠薬の種類について

睡眠薬の種類について

眠くなるための薬、睡眠薬は不眠時に服用する薬です。

略されるときは、眠剤と呼ばれます。

この睡眠薬は、4つに分類され、超短時間型、短時間型、中間型、長時間型の4つです。

超短時間型は、作用はかなり短いですが短時間で効力を発揮します。

一般的には入眠困難の時に使います。

短時間型は、作用時間が短く、比較的短時間で効力を発揮します。

寝付きの悪い時や入眠困難の時に使います。

中間型は睡眠維持や入眠困難の時に使います。

比較的処方されやすい薬です。

中〜長時間型は、頻繁に目を覚ますケースや早期覚醒の場合に処方されることが多いです。

この型よりも長期の型の薬を出すと朝起きられなくなることがあり、通常はここが限界のラインです。

長時間型は、頻繁に目を覚ますケースや早期覚醒に処方されることが多く作用時間も長いです。

そのために昼間の不安抑制効果も期待できる薬です。

どの薬もですが、最近の睡眠薬はベンゾジアゼピン系に分類され、数で言うと1万錠くらい飲まないと致死量には達しません。

睡眠薬の種類について

サイトマップ

睡眠薬ブログトップ
ラベル:睡眠薬の種類
posted by あんみん at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠薬を飲む前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

睡眠薬を飲む前に!サイト説明

睡眠薬自殺・致死量・作り方・種類・強さ・市販・通販・ドリエル・ハルシオン・ベンゾジアゼピン系・バルビツール酸系・医療用睡眠薬 サイト説明

「睡眠薬を飲む前に!」のサイト説明です。

現在、日本では「日本人の4人から5人に1人は睡眠の悩みを抱えている」という報告があります。

一方、忙しさやおっくうな側面もあるのか、「医療機関で不眠の治療を受けている人の割合は極端に少ない」というデータもあります。

不眠に悩む多くの方は、手っ取り早い安眠グッズや快眠法、市販の睡眠薬の服用などで不眠に対処されているのが現状のようです。

「眠らなくても死にはしない」

たしかに寝不足が原因となって直接死にいたることはありません。

しかし充分に脳と身体を休ませることが出来なければ、心身に様々な悪影響を及ぼします。

集中力・判断力・記憶力が低下し、気分がうつ気味になり不安感が強くなります。

また、日中に慢性的な眠気に襲われ、ミスや事故を起こしやすくなります。

一日も早く、不眠の原因をつきとめて、ぐっすり眠れて、すっきりめざめ、充実した毎日が送れるようにしたいものです。

睡眠薬の服用とうつ病の関連性を探るアンケートで「20〜50代の睡眠薬服用者のうち4割近くが、『うつ症状』に悩んでいる」ことが分かっています。

不眠症は生活習慣病やうつ病とも関連する病気です。

専門家の手を借りることで対処することも真剣に検討する必要がありますので、ご注意下さい。

当サイト「睡眠薬を飲む前に!」では、市販の睡眠薬(一般用医薬品)と医師が処方する睡眠薬(医療用医薬品)の種類と効能効果など情報をご紹介しています。

市販の睡眠薬・医療用睡眠薬服用、検討の際の参考になさって下さい。

【睡眠薬の種類】

現在、睡眠薬としてはベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬がよく使用されています。

以前は、バルビツール酸系、非バルビツール酸系の睡眠薬が使われていましたが、現在では、これらの睡眠薬は手術前の麻酔など、特殊な場合を除いてほどんど使用されていません。

■主な睡眠薬の分類

1,ベンゾジアゼピン系睡眠薬
2,バルビツール酸系睡眠薬
3,非ベンゾジアゼピン系睡眠薬
4,非バルビツール酸系睡眠薬

睡眠薬自殺・致死量・作り方・種類・強さ・市販・通販・ドリエル・ハルシオン・ベンゾジアゼピン系・バルビツール酸系・医療用睡眠薬 サイト説明 サイトマップ

睡眠薬自殺・致死量・作り方・種類・強さ・市販・通販・ドリエル・ハルシオン・ベンゾジアゼピン系・バルビツール酸系・医療用睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠薬を飲む前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

睡眠薬について

【睡眠薬について】

睡眠は睡眠中枢、覚醒中枢の働きやメラトニンなどの作用により維持されており、自然の体内時計はおよそ25時間周期で調節されています。
睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠に分けられ、レム睡眠は夢を見る睡眠として有名ですが、睡眠中に記憶を固定化させる作用のほかに、自律神経と身体が休息をとります。
ノンレム睡眠は大脳の休息で、入眠直後から始まります。
睡眠障害は、寝付きが悪い入眠障害、途中で目が覚めてその後眠れない中途覚醒、朝早く目が覚めてしまう早朝覚醒などに分けられます。
それぞれの睡眠障害の形によって入眠剤を使い分けます。
また、睡眠薬の作用時間、血中濃度半減期なども考慮します。
頭と身体を使うと睡眠物質が溜まり、眠気が訪れてきます。
老年期になると大脳も身体も使わなくなるため、心も体も若かったときのように睡眠を必要としなくなるのです。
老年期では睡眠の質が悪くなって当たり前なので、気にならない人はその状態を維持し、気になる人は睡眠導入剤を服用するようにします。
本を読んだりして頭を使うことと、適度な運動をすることが不眠症対策の原点です。
毎日同じ事を繰り返していて、夜眠れなかったからといって、昼寝や居眠りをしていると夜眠れないのは当たり前のことです。
心当るのある人は、生活習慣を規則正しくするように努力して下さい。
(出典:大活字2008年版薬の事典)

睡眠薬考:睡眠薬を飲まないで不眠が解消されることが一番です。

睡眠薬を飲む前に!
ラベル:睡眠薬
posted by あんみん at 00:00| 睡眠薬を飲む前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。