2008年04月15日

バルビツール酸系睡眠薬

バルビツール酸系睡眠薬

脳幹性睡眠薬として強力に脳幹の自律神経中枢を鎮静し、血管拡張、平滑筋弛緩作用を示し、脳の運動中枢も鎮静する作用があります。

中枢神経系全体を抑制しますが、特に脳幹部の自律神経の中枢を抑制し、多量に使用すると呼吸停止を起こします。

抗不安、抗痙攣、不眠症の治療などに用いられましたが、習慣性もあり、服用量も増え、多量に服用した場合、呼吸停止を起こす危険性もあるため、使用頻度が少なくなってきています。

■服用上の注意

習慣性があるので連用は避ます。

自動車の運転などの危険を伴う作業は控えて下さい。

また、連続服用中、本剤の急激な減量や中止により、てんかん重積状態が現れることがあります。

※コラム※
不眠症になる人は多い
不眠症になる人は多い現代です。
ストレス社会とも言われるほどですから、
みんなが何かしらのストレスを感じて生活をしています。
知らず知らずのうちに我慢することを覚えてしまって、
眠れないということになっている人もいることでしょう。
上手に、ストレス発散をすることができればいいですが、
その発散方法がわからないということもあります。
不眠症になる人は男女に関係なく多いものです。
10人に1人は、眠れないという自覚があるほどですから、
健康のことを考えて眠るということを真剣に考えてあげましょう。

バルビツール酸系睡眠薬 サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 16:05| バルビツール酸系睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

ペンットバルビタールカルシウム

ペンットバルビタールカルシウム(バルビツール酸系睡眠薬)

■製品名 ラボナ

麻酔前処置、無痛分娩等で用います。

■効能効果

不眠症、不安緊張の鎮静、麻酔前投与、持続睡眠療法での睡眠調節。

■注意すべき副作用

皮膚粘膜眼症候群、依存症、禁断症状。

■その他の副作用

発疹、知覚異常、構音障害、精神機能低下、へマトポルフィリン尿、蛋白尿、低カルシウム血症、頭痛、めまい、興奮、悪心、嘔吐、倦怠感。


※コラム※
眠れないのは病気
眠れないのは病気に入ります。眠れないくらいで・・・
と思われるかもしれませんが、上手く睡眠をとることが出来ないでいると
身体に異変を感じるようになります。
日中に、もの凄い眠気に襲われる場合もあります。
家にいる際には、眠気はちょっとしたお昼寝で解消されるかもしれませんが、
仕事をしている人には切実な悩みになります。
眠れないのは病気と思ってしまうと重たい感じがしますが、
人間には睡眠がとても大切なものです。
眠れないことを誰にも言わない人もいます。
家族にも言えないこともあるでしょう。
しかし、そのままにしておくと、精神的に参ってしまう可能性が高いのです。
眠れないことを誰かに相談してみることです。

ペンットバルビタールカルシウム サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 16:30| バルビツール酸系睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プリミドン

プリミドン(バルビツール酸系睡眠薬)

■製品名 プリミドン

化学構造上では、フェノバルビタールの還元型に相当します。

■服用してはいけない人

バルビツール酸誘導体に過敏症、急性間歇性ポルフィリン症の人

■副作用

皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症、依存性。

※コラム※
市販で売られている睡眠薬その1
市販で売られている睡眠薬があります。
睡眠薬というよりは睡眠導入薬や、睡眠改善薬というほうが正しいでしょう。
最近、寝つきが悪いという自覚症状が続く場合には、
市販で売られている睡眠薬を利用してみましょう。
ただし、薬は体質もありますから、効果を発揮する場合と
身体に合わない場合があります。
もし、何かの薬を服用しているようであれば、
効き目が感じられないこともあるでしょう。
飲み合わせの問題もあるでしょうから、担当医の先生に相談してみてください。
薬剤師さんでも明確に教えてくれるでしょうから、飲み合わせに注意しましょう。

プリミドン サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 16:28| バルビツール酸系睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェノバルビタール

フェノバルビタール(バルビツール酸系睡眠薬)

■製品名 フエノバール フエノバールエリキシル フェノバルビタール ルニマール

脳幹の自律神経の中枢を鎮め、血管や平滑筋の痙攣を緩和する作用があります。

薬剤依存性があります。

多量に服用すると呼吸麻痺が起こりますから、服用量に注意してください。

■服用上の注意

発疹、アレルギー症状が現れたら、ただちに服用を中止し、医師に相談してください。

■慎重に服用する人

急性間欠性ポルフィリン症の人。

■注意すべき副作用

顆粒球減少、黄疸、発疹、発熱、リンパ節腫脹、白血球増加などの過敏性症候群

■その他の副作用

血小板減少、黄疸、肝機能障害、血清葉酸値低下、眠気、甲状腺検査値異常、連用により蛋白尿、ヘマトポルフィリン尿、クル病、骨軟化症、発熱、猩紅熱様・麻疹様・中毒疹様発疹、低カルシウム血症、めまい、頭痛、せん妄、構音障害、運動失調、知覚異常、食欲不振。

■妊婦の服用

妊娠中に本剤を単独、または併用投与された人が奇形を有する児を出産した例が多いと報告されています。

フェノバルビタール サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 16:26| バルビツール酸系睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルビタール

バルビタール(バルビツール酸系睡眠薬)

■製品名 バルビタール

※詳細情報収集中

※コラム※
睡眠薬の気になるQ&A
Q:気をつけなければいけない食品はありますか?
A:サプリメントでは、メラトニンがあります。
アメリカなどでは健康食品としてスーパーで売られたりしています。
しかし、日本では安全性や副作用、適切な分量などが確認されていないため、認可されていません。
あくまで、個人の責任において、個人輸入でしか手に入れられないので、他人に転売すると罪に問われます。
専門家が治療のために、輸入して処方することがあります。
更にセイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)やセイヨウカノコソウ(バレリアン)を主成分とするハーブ系のサプリメント使用についても、医師に相談しましょう。
また、コーヒー、紅茶、緑茶、チョコレートのほか、一部の清涼飲料や健康飲料にはカフェインが含まれています。
カフェインは覚醒作用とともに、利尿作用も有しているので、摂取する時間帯などに配慮が必要でしょう。

バルビタール サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 16:24| バルビツール酸系睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アモバルビタール

アモバルビタール(バルビツール酸系睡眠薬)

■製品名 イソミタール

■効能効果

不眠症、不安緊張状態の鎮静。

■注意すべき副作用

皮膚粘膜眼症候群。

■その他の副作用

過敏症、知覚異常、構音障害、頭痛、発熱、発疹、めまい、蛋白尿。


※コラム※
市販で売られている睡眠薬その2
また、市販で売られている睡眠薬を飲んだ際にでもアルコールは厳禁です。
眠れないからとお酒を飲んでみることもあるでしょうが、
アルコールでは不眠の解決には至りません。
睡眠改善薬では解決が出来ない場合には、病院に行くなり、
寝る場所の工夫をすることが大切です。
枕が高い場合やベットが体に合わないこともあります。
寝る前にテレビを見ながら寝るというのもやめておいたほうが良いそうです。
視覚が刺激されるので、脳が休むことが出来なくなるからですね。

アモバルビタール サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 16:22| バルビツール酸系睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする