2008年04月12日

抱水クロラール

抱水クロラール(その他の医療用睡眠薬)

■製品名 抱水クロラール

※詳細情報収集中

※コラム※
睡眠薬の気になるQ&A
Q:睡眠薬にはどんな副作用がありますか?
A:ベンゾジアゼピン系の睡眠薬には次のような副作用があります。
持ち越し効果 睡眠薬の作用が翌朝以降も持続してしまう現象。午前中の眠気、ふらつき、脱力、頭重感、倦怠感などを伴うことがあります。
記憶障害 医師の注意を守らずに睡眠薬を多量に飲んだり、アルコールを併用したりすると、軽い記憶障害がみられることがあります。ただし、睡眠薬が体から排泄されたあとは、記憶は正常に戻ります。
筋弛緩作用 睡眠薬には、多かれ少なかれ筋肉を弛緩させる作用があります。高齢者ほどこの作用が強く影響するため注意が必要です。
立ち上がったときに力が入らず、転んで骨折してしまうこともあるので注意が必要です。最近は筋弛緩作用の少ない薬剤も開発されています。
奇異反応 ベンゾジアゼピン系のお薬では、ごく稀ですが、上機嫌で抑制を欠いた行動をとったりする奇異反応がみられることがあります。
最近では、これらの副作用をより軽減し、自然な睡眠を誘発する睡眠薬として非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬が開発されています。
上記のような副作用が思い当たる場合は遠慮なく医師に相談しましょう。
不眠の改善状態や副作用の症状に応じて、薬の量や種類の変更を検討してもらうことができます。

抱水クロラール サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 16:46| その他の医療用睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする