2008年04月12日

ブロムワレリル尿素

ブロムワレリル尿素(その他の医療用睡眠薬)

■製品名 ブロパリン ブロムワレリル尿素

習慣性が強いため、最近はあまり処方されなくなっています。

■効能効果
不眠症、不安緊張状態の鎮静。

■注意すべき副作用
連用で薬物依存症。

■その他の副作用
依存性、発疹、掻痒感、悪心、嘔吐、下痢、頭痛、めまい、知覚異常、難聴、興奮。


※コラム※
睡眠薬の安全性
今、処方される睡眠薬はとても安全性に優れています。
睡眠薬を飲んでいるというとどこか偏見のようなものがありました。
確かに薬ですから、身体に良いわけがありませんが、
間違って大量に飲んでしまっても大丈夫なように配慮されていますし、
病院などでは、処方される日数の制限がありますから、
指示に従って服用するようにしましょう。
睡眠薬は、安全性が高くなっているとは言っても
自分で正確な判断が出来なくなってしまっている場合、
うつ病なども一緒になっていると、
眠れないことが悪いことだと本人が思う傾向にあります。
そのような場合には家族の協力が必要になってきます。

ブロムワレリル尿素 サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 16:44| その他の医療用睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。