2008年04月12日

ブロチゾラム

ブロチゾラム(その他の医療用睡眠薬)

■製品名 アムネゾン グッドミン シンベラミン ゼストロミン ソレントミン ネストローム ノクスタール ブロゾーム ブロチゾラム ブロチロザムM ブロチロザン ブロメトン ユリモラン レドルパー レンデム レンドルミンD ロンフルマン

早い催眠作用があり、生理催眠に近い睡眠が期待できす。睡眠効果は7〜8時間で消失します。

短時間型の入眠剤であるため、覚醒後に眠気が残ることが少なく、集中力・注意力・反射運動能力低下なども少ないという特徴があります。

■服用上の注意
肝機能障害、黄疸があらわれた場合は、服用を中止して主治医に連絡して適切な処置を受けて下さい。

■服用してはいけない人
急性狭隅角緑内障、重症筋無力症。

■原則服用してはいけない人
肺性心、肺気腫、気管支喘息及び脳血管障害の急性期などで呼吸機能が高度に低下している人。

■注意すべき副作用
肝機能障害、黄疸。

■その他の副作用
依存性、呼吸抑制、尿失禁、下痢、だるさ、倦怠感。肝機能異常、嘔気、嘔吐、食欲不振、発疹。中途覚醒時の出来事を記憶していないことがあります。

※コラム※
睡眠薬の気になるQ&A
Q:睡眠薬はやめられなくなりませんか?
A:かつて使用されていたバルビツーツ酸系の睡眠薬には、「依存性が強くてなかなかやめられなくなる」といった問題点がありました。
しかし、現在使用されているベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系のお薬は、長期間続けて飲み続けても、飲まないといられなくなるような習慣性はなく、安全に使用できます。
もちろん、いくら安全といっても、薬である以上、勝手にやめたり量を多く飲んだりすることは禁物です。
あくまでも、医師の指示にしたがって服用しましょう。

ブロチゾラム サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 16:42| その他の医療用睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。