2008年04月12日

フェノバルビタール

フェノバルビタール(バルビツール酸系睡眠薬)

■製品名 フエノバール フエノバールエリキシル フェノバルビタール ルニマール

脳幹の自律神経の中枢を鎮め、血管や平滑筋の痙攣を緩和する作用があります。

薬剤依存性があります。

多量に服用すると呼吸麻痺が起こりますから、服用量に注意してください。

■服用上の注意

発疹、アレルギー症状が現れたら、ただちに服用を中止し、医師に相談してください。

■慎重に服用する人

急性間欠性ポルフィリン症の人。

■注意すべき副作用

顆粒球減少、黄疸、発疹、発熱、リンパ節腫脹、白血球増加などの過敏性症候群

■その他の副作用

血小板減少、黄疸、肝機能障害、血清葉酸値低下、眠気、甲状腺検査値異常、連用により蛋白尿、ヘマトポルフィリン尿、クル病、骨軟化症、発熱、猩紅熱様・麻疹様・中毒疹様発疹、低カルシウム血症、めまい、頭痛、せん妄、構音障害、運動失調、知覚異常、食欲不振。

■妊婦の服用

妊娠中に本剤を単独、または併用投与された人が奇形を有する児を出産した例が多いと報告されています。

フェノバルビタール サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 16:26| バルビツール酸系睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。