2008年04月15日

バルビツール酸系睡眠薬

バルビツール酸系睡眠薬

脳幹性睡眠薬として強力に脳幹の自律神経中枢を鎮静し、血管拡張、平滑筋弛緩作用を示し、脳の運動中枢も鎮静する作用があります。

中枢神経系全体を抑制しますが、特に脳幹部の自律神経の中枢を抑制し、多量に使用すると呼吸停止を起こします。

抗不安、抗痙攣、不眠症の治療などに用いられましたが、習慣性もあり、服用量も増え、多量に服用した場合、呼吸停止を起こす危険性もあるため、使用頻度が少なくなってきています。

■服用上の注意

習慣性があるので連用は避ます。

自動車の運転などの危険を伴う作業は控えて下さい。

また、連続服用中、本剤の急激な減量や中止により、てんかん重積状態が現れることがあります。

※コラム※
不眠症になる人は多い
不眠症になる人は多い現代です。
ストレス社会とも言われるほどですから、
みんなが何かしらのストレスを感じて生活をしています。
知らず知らずのうちに我慢することを覚えてしまって、
眠れないということになっている人もいることでしょう。
上手に、ストレス発散をすることができればいいですが、
その発散方法がわからないということもあります。
不眠症になる人は男女に関係なく多いものです。
10人に1人は、眠れないという自覚があるほどですから、
健康のことを考えて眠るということを真剣に考えてあげましょう。

バルビツール酸系睡眠薬 サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 16:05| バルビツール酸系睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。