2008年04月12日

フルラゼパム

フルラゼパム(ベンゾジアゼピン系睡眠薬)

■製品名 引素眠

自然睡眠に近い催眠作用を有しています。

血中濃度半減期が65時間と長く、排泄が遅いので、中途覚醒、早朝覚醒に悩んでいる人、麻酔前などに用います。

連用は避けたほうが良いと思います。

■服用上の注意

血中濃度の半減期が24時間以上で、長時間型の睡眠薬です。

毎日連用すると血中濃度が高くなるので、好ましくありません。休薬日を設けて下さい。

■慎重に服用する人

衰弱している人。

心障害、肝機能障害、腎機能障害、脳に器質的障害のある人。

幼・小児。

※コラム※
不眠症でうつ病になることもあるその2
まったくストレスを感じないで生活をするのは無理な話です。
真面目な人がうつ病になると言われてきましたが、小さい子供でも学校でのプレッシャーからうつ病になることもあります。
不眠症だからと思わずに、気持ちが不安定になったり
行動での変化を感じた場合には、不眠症とうつ病の両方の治療を行うようにしましょう。
家族がうつ病になった場合には、頑張ってという言葉は逆に本人を追い詰めてしまうので注意が必要です。

フルラゼパム サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 15:52| ベンゾジアゼピン系睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする