2008年03月26日

ブロムワレリル尿素

ブロムワレリル尿素(その他の医療用睡眠薬)

■製品名  ブロパリン  ブロムワレリル尿素

習慣性が強いため、最近はあまり処方されなくなっています。

■効能効果

不眠症、不安緊張状態の鎮静。

■注意すべき副作用

連用で薬物依存症。

■その他の副作用

依存性、発疹、掻痒感、悪心、嘔吐、下痢、頭痛、めまい、知覚異常、難聴、興奮。


※コラム※
眠ることの大切さを知ろうその2
ただし、薬を飲むことを避けて眠れないことを我慢することも問題があります。
病院に行くと自分にあった睡眠薬を処方してもらえますから、
身体に寝る、起きるというリズムを思い出させるのにも適量の薬を飲むことは悪いことではありません。
疲れているのに眠れないというのは辛いことです。
薬に依存してしまうのは良くありませんが、副作用の少ない薬を処方してもらい、早く眠れる身体にしていきましょう。
ぐっすり眠れた朝には、眠ることの大切さがわかると思います。

ブロムワレリル尿素 サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 14:59| その他の医療用睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。