2008年03月23日

ニトラゼパム

ニトラゼパム(ベンゾジアゼピン系睡眠薬)

■製品名 チスホン  ニトラゼパム  ネルボン  ネルロレン  ノイクロニック  ヒルスカミン  ベンザリン

情動、知覚、自律神経その他からの余剰刺激を遮断して生理的睡眠に導入するときに使用します。

また、抗痙攣作用が強いので、てんかんにも使用します。

また優れた抗痙攣作用により、異型小発作時、焦点性発作の抑制にも用いられています。

健康成人の血中濃度半減期約27時間、最高血中濃度服用後約1.6時間です。

■注意すべき副作用

呼吸抑制、炭酸ガスナルコーシす、多量連用で依存性。統合失調症などの人は、刺激興奮。

■その他の副作用

ふらつき、歩行失調、食欲不振、便秘、発疹、掻痒、倦怠感。頭痛、頭重感、口渇、下痢、悪心、嘔吐、黄疸、夜尿、頻尿、発熱。徐脈傾向。

※コラム※
睡眠薬を漢方にしてみようその2
漢方にしたなら、出来るだけ身体も動かしてリフレッシュが出来る時間を作りましょう。
何か夢中になれるものがあると気が紛れることでしょう。
ただし、リフレッシュも寝ないで行ってしまっては意味がありませんから、ほどほどにしてくださいね。
漢方とは違いますが、アロマなどの香りでもリラックスをすることが出来ますよ。
音楽なども脳がリラックスするようなクラッシックを聴いたりするのも良い方法です。

ニトラゼパム サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 13:19| ベンゾジアゼピン系睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする