2008年03月20日

塩酸リルマザホン

塩酸リルマザホン(ベンゾジアゼピン系睡眠薬)

■製品名  塩酸リルマザホン  リスミー

速やかな入眠作用を示し、レム睡眠及び徐波睡眠抑制作用は少なく、睡眠パターンに歪みを生じることが少ない薬剤です。

健康成人の血中濃度半減期約10.5時間、最高血中濃度服用後約3時間、消失半減期は10時間です。

自然の睡眠リズムに近く、血中半減期は7〜9時間で比較的短かい薬で筋弛緩作用が弱く、呼吸系への影響も弱老年者にも用いやすい薬です。

■注意すべき副作用

呼吸抑制、依存性、刺激興奮。

■その他の副作用

眠気、めまい、口渇、倦怠感、肝機能障害、食欲不振、動悸、不整脈、悪心、嘔吐、便秘、下痢、発疹、むくみ

※コラム※
不眠症になる人は神経が細かい
不眠症になる人はとても神経の細かい、人に気を使うような性格の人、
何にでも真面目に取り組まないと納得がいかない人などが当てはまるかもしれません。
眠れないのが普通なのではなく、人間に最低限、必要な睡眠時間を確保して、
身体と神経を休めてあげるようにしてあげましょう。
自分の身体は、自分が一番わかるものです。
これからは自分にも優しくしてあげてください。

塩酸リルマザホン サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 12:54| ベンゾジアゼピン系睡眠薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。