2008年04月15日

睡眠薬について

【睡眠薬について】

睡眠は睡眠中枢、覚醒中枢の働きやメラトニンなどの作用により維持されており、自然の体内時計はおよそ25時間周期で調節されています。
睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠に分けられ、レム睡眠は夢を見る睡眠として有名ですが、睡眠中に記憶を固定化させる作用のほかに、自律神経と身体が休息をとります。
ノンレム睡眠は大脳の休息で、入眠直後から始まります。
睡眠障害は、寝付きが悪い入眠障害、途中で目が覚めてその後眠れない中途覚醒、朝早く目が覚めてしまう早朝覚醒などに分けられます。
それぞれの睡眠障害の形によって入眠剤を使い分けます。
また、睡眠薬の作用時間、血中濃度半減期なども考慮します。
頭と身体を使うと睡眠物質が溜まり、眠気が訪れてきます。
老年期になると大脳も身体も使わなくなるため、心も体も若かったときのように睡眠を必要としなくなるのです。
老年期では睡眠の質が悪くなって当たり前なので、気にならない人はその状態を維持し、気になる人は睡眠導入剤を服用するようにします。
本を読んだりして頭を使うことと、適度な運動をすることが不眠症対策の原点です。
毎日同じ事を繰り返していて、夜眠れなかったからといって、昼寝や居眠りをしていると夜眠れないのは当たり前のことです。
心当るのある人は、生活習慣を規則正しくするように努力して下さい。
(出典:大活字2008年版薬の事典)

睡眠薬考:睡眠薬を飲まないで不眠が解消されることが一番です。

睡眠薬を飲む前に!
タグ:睡眠薬
posted by あんみん at 00:00| 睡眠薬を飲む前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする