2009年04月27日

睡眠薬の致死量

睡眠薬の致死量

睡眠薬の致死量に関しては気になります。

特に、睡眠薬を長い間服用していると耐性がついてしまったり
一般的にドラッグストアなどで売っているものでは
殆ど効果が得られなかったりします。

病院などで、強力な睡眠薬を処方してもらったりすると
その強力度がどのくらいなのか、気になったりします。

病院でもらう睡眠薬でも、色々な睡眠薬があり、
その人の不眠症の症状やタイプ、症状の強度などによって
様々な薬が処方されると思います。

医師が処方した睡眠薬ですから、
医師の処方通りに飲んでいれば大丈夫です。

ただ、不安を抱えながらの服用は好ましくないですし、
万が一飲み間違えてしまったり(二度飲んでしまう)することは避けなければいけません。

ただ、1回飲むところを間違えて2回飲んだところで、
死に至ってしまうというような薬ではないと思いますが、
心配な人は確認しておくと安心です。

睡眠薬についてはうつ病の人にも処方されたり、
悩みを抱えている人にも処方されたりします。

睡眠薬に限った事ではないですが、
合計で致死量を超えてしまうような量の薬を
一度で処方することはないと思いますが確認しておくと良いです。

そして、医師の処方通りにきちんと飲む事が大切です。

勝手に辞めてしまったりすると、イライラ感や不安感が出てしまう人もいます。

睡眠薬の量を減らすときも、医師と相談しながら計画的に減らしていく事が必要です。

睡眠薬の致死量を心配するというよりも、
きちんと医師の指示通りに・・・ということを気をつけて服用しましょう。

睡眠薬致死量 サイトマップ

睡眠薬サイトトップ
posted by あんみん at 11:28| 睡眠薬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする